Contents

サンプル

就活メールは今や常識?知らないと損するビジネスメールの基本

就活メール

 

就職活動(就活)において、就職を希望する会社の資料請求や会社訪問のアポイントメントはもちろん、お礼状・打合せ・連絡など、多くの場面でE-メールを使うようになりました。

採用する側の企業(会社)では、電話面接時の態度と同様に、メールの内容もチェックしていることも多いので、就職活動メールにも気を抜くことはできません

就活生の方や、リクルーターなどとメールのやり取りをする機会も多くなってきたかと思います。

社会人の方にメールなんて送ったことがない
私が送っているメールも非常識なのでは?
と思っている方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。

就活の際に企業(会社)や相手にメール返信質問を送る際にもある程度のルールとマナーが存在します。

では就職する際のメールマナーというのはどうするべきなのでしょうか?

まずメールを送る際に重要なことは、メールタイトル(件名)のことです。

職種・業種・役所によっては、ある程度の差はありますが、忙しいビジネスパーソン(ビジネスマン)はだいたい1日に数十通

多い人だと百通以上メールを貰っていることがあります。そうなってくるとどう整理していたとしても、毎日、毎日そのような状況だと、メールは埋もれていってしまいます。

そこで次項に関しましては、この「件名」について詳細を書いていこうと思います。

また、就活と同時に退職のことを考えておくこともオススメします。一度の就活でいい会社に当たらないこともあります。ひどいブラックだったり、仕事内容が合わなかったり…そんなことを想定し、退職について学んでおくことは、決してマイナスではありません。
当サイトでは、深く解説しませんが、こちらのサイトは詳しく解説しており、僕が退職したときも理由づくりなどで非常にお世話になりましたのでご紹介します。
退職理由を言う際にやってはいけないこと

サンプル By Writer-A
( Created )

ページの先頭へ