Contents

サンプル

ビジネスメールに「Re:」を使うのは不適切か?

就活メール

 

就職活動(就活)において、就職を希望する会社の資料請求や会社訪問のアポイントメントはもちろん、お礼状・打合せ・連絡など、多くの場面でE-メールを使うようになりました。

普段のビジネスメールでも、就活時のメールでも、相手からメールをいただくことはあるかと思います。

電子メールを書く場合、1件のメールの中にあれもこれもと用件を詰め込まないことが、後々のスムーズなやり取りや、検索時間の短縮につながっていきます。

件名に関しては短めに書いた方が良いということは前回の記事で書かせて頂きました。

メールをもらう側も1メール1用件にすることで、わかりやすい件名もつけられますし、メールの整理、管理もしやすくなります。

では、そのような観点から、返信メール(Re: )という表記がありますが、これは使うべきなのでしょうか?

結論から言いますと、ビジネスで使う電子メールの返信は、あえて件名を書き換えなくてもOKです。

件名の例文で言えば、

「Re: 届いたメールの件名そのまま」

大丈夫です。スレッドでまとめられる性質のメールも、整理する点で言えば、件名を敢えて変更しない方が、都合がよいと考えられているため、そのまま返信する形でOKです。

しかしながら、「Re:」が重なった場合は、件名が見づらくなりますし、件名の末尾が切れてしまうこともあります。そのために削除して1つにするのが、望ましいこともありますので注意しましょう。

就活先企業からのメールの返信の際

「Re:Re:Re:Re:Re:問い合わせ件名」

これを

「Re:問い合わせ件名」

のように「Re:」の回数を減らしてメールを送ることが社会人としてのメールのマナーです。

では次項に関しましては、メール本文の書き出しについて、書いていこうと思います。

サンプル By Writer-C
( Created )

ページの先頭へ